法律について

法律を扱う国家資格―『弁護士』

法律の専門家である弁護士になるためには、まず、司法試験を受験し合格した上で司法修習という研修を修了する必要があります。
そして、日本弁護士連合会に登録して初めて弁護士としての業務を行うことが出来るようになります。
法律の専門家である弁護士を含めて、検事と裁判官の仕事に携わる人々のことを総称して『法曹』と呼びます。
法律家と呼ばれることもあります。
弁護士の職務は、裁判の代理人を務めて、債務整理、離婚、相続など、法律に関わるあらゆることに関係してきます。
そのため、弁護士によっては離婚専門、刑事事件専門、民事事件専門といったように自らのカテゴリを分けて仕事をしていく人もいます。
他の法曹と異なる点として、弁護士は公務員ではない、ということが挙げられます。
検事や裁判官は公務員ですが、弁護士はそうではありません。
弁護士の報酬は依頼の多寡にかかっています。
弁護士になったからと言って依頼が来るとは限らないので、本人の努力に因るところが大きい職種のため、国家資格を取得しているとはいえ、自営業と似たところがあります。

Copyright(c) 法律 All Rights Reserved.