法律について

弁護士にとって最も重要な法律とは

弁護士が関わる法律のうち、最も重要なものは、弁護士法です。
これは、弁護士とは何たる職業であるのか、あるいは弁護士の権利や義務、弁護士法に違反した時の懲戒などが定められています。
弁護士はこの弁護士法に則って誠実に業務を遂行することが求められています。
弁護士の主な業務は法律に関わるあらゆることに及びます。
ですので、ここで弁護士が関係する法律を羅列することにはあまり意味がありません。
普段の生活の中でもし、何らかの法的トラブルに巻き込まれた場合は、とりあえず弁護士に相談するようにしましょう。
弁護士は相続問題や離婚問題、交通事故の示談交渉などの交渉や相談にも応じてくれます。
弁護士によっては得意分野を掲げている人もいますので、まずは問い合わせてみるといいでしょう。
大きなトラブルに発展した場合は、その法的トラブルをメインに扱っている弁護士を探すことをおすすめします。
行政書士と弁護士を混同することがありますが、行政書士に許されているのは一部の法律事務のみです。
適用範囲が分からない場合は、行政書士ではなく弁護士に相談しましょう。

Copyright(c) 法律 All Rights Reserved.