法律について

司法書士の最も重要な仕事に関する法律

司法書士にとって、最も重要で最も多い仕事と言えるものが、登記に関する書類を作成し、法務局に提出することです。
不動産の登記に関する法律は不動産登記法と言い、不動産の登記とは、土地や建物の住所や面積、所有者の氏名といった情報を登記簿と呼ばれる公的書類に記載することです。
この作業には法律に関する専門的知識が必要になるため、一般の人では行うことが出来ません。
そのため、司法書士に依頼することになります。
登記には、不動産登記の他に会社の登記もあります。
新たに会社を設立する際に定款を作成し、公証人役場においての認証手続き、そして、法務局での登記手続きを行うことになりますが、これらを同時に代行して手続きできるのは、司法書士だけとなっています。
定款の作成や公証人役場における認証手続きだけなら、行政書士でも可能ですが、登記に関する手続きを行政書士は行うことが出来ません。
よって、会社設立に際してはその手続きのすべてを司法書士に依頼するのが一般的です。

Copyright(c) 法律 All Rights Reserved.